納骨堂とは何か

遺骨を安置する納骨堂とは

遺骨を安置する納骨堂とは

納骨堂とは遺骨を安置しておくことのできる施設のことで、もともとは火葬後に墓地に埋蔵するまでの一時的な期間、遺骨を預かってもらうと言った目的で利用されるものであったため納骨堂の多くは預かり期間と言うものが定められています。
この預かり期間は更新することが可能で、期間を延長して預けることができるところがほとんどです。
また近年では一時的な利用ではなく永大供養として利用したいと言う方も増えてきているため、永大供養墓を兼ね備えた施設と言うのも増えてきています。
また納骨堂の形態はコインロッカーのようになっているものも多く、そこに大切な人の遺骨を安置するのは抵抗があると言う方も多かったことから、仏壇の形をしているものやお墓などの形をしたものなどを屋内に設置するなどと言った形態をとる施設も増えてきています。
それによってお墓がないため遺骨を自宅で安置させていたと言う方や、お墓の準備ができていなかったためどうしてよいか悩んでいたと言った方などの利用も増えてきています。
一般お墓は公営や民営のものなどがありますが、納骨堂にもお墓のように公営のものや民営のものがあり形態や管理、利用条件、費用などその施設ごとに異なりますので利用の際はしっかりと確認することが大切です。

納骨堂でご供養するメリット

少子化や成人後に故郷を離れる方が増えるにつれて納骨堂の人気が高まっています。
運営は自治体、法人のほかに寺院が併設することもあります。
メリットは色々ありますが、まず費用が低く抑えられ、墓所や墓石を購入する場合のおよそ三分の一ほどで済みます。
屋内であるため草むしりなどの管理も必要なく、メンテナンス費用もかかりません。
アクセスの良い都市部にも数多くあり、公共交通機関を利用し、天候や季節を問わず気軽にお参りができます。
さらに、最近の納骨堂はバリアフリー設計となっていますので、車椅子をご利用の方も安心です。
寺院が運営する場合を除いて宗教や宗派を問わないことが多いのもメリットのひとつで、ご夫婦で信仰が異なっていても問題無くご供養することができます。
ロッカー式、棚式など骨壷の納め方は納骨堂によって様々で、目の前でお参りができる電動式もあります。
永代供養には永久に権利を持つ場合と、年数が限られる場合があります。
将来のことは誰にもわかりませんので、状況が変わり移転をする必要が生じることもあります。
そのような時に従来の墓所より簡単に引越しができるのも大きなメリットです。
納骨堂は世代を超えてご先祖様が眠る場所です。
費用と立地だけでなく細かな条件もよく検討し、メリットを最大限に生かして選びましょう。

納骨堂情報

駅近なのでお気軽に立ち寄ってお墓参りを行えます。

納骨堂

新着情報

◎2017/9/7

納骨堂とは。遺影や遺骨をおさめる。
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「遺骨」
に関連するツイート
Twitter

♪私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません 眠ってなんかいません (※ 義満は荼毘に付され、その遺骨は相国寺境内の鹿苑院に埋葬されたが、天明の大火により鹿苑院は全焼、廃寺となり、更に応仁の乱で都は焼け野原となり遂に墓所の所在は分からなくなった。)

返信先:@asutaka1732 ありがとうございます。 遺骨でも傍にいると癒されます。

そう言えばこないだの陣馬形山の麓のスーパーでこれ見つけてなぁ 「いや…え、なんでこの絵を選んだ…」 ってまぁ案の定値段かなり安かったのに売れ残っててそらそやなっていう、遺骨入ってそうって書いたら営業妨害なんだろうか pic.twitter.com/Z63QEtmIWe

墨田区の『両国』は「あの世とこの世、両方の国(世界)」という意味があるという。東京都慰霊堂には震災・戦災により亡くなった16万3400人余の遺骨が納骨場に安置されている。両国駅の南西、大川周辺は江戸時代に百本杭と呼ばれ、水死体がよく流れ着く忌み場であった。 #住んではいけない土地

Twitter住んではいけない土地@SNIPEHEAD

返信 リツイート 24分前

フィリピンの戦没者遺骨も取り違え 日本人でない10人、指摘も放置? ← この間に放置したまま退職したり天下った当時の責任者は誰か? 彼等に退職金の還付請求をしよう。 is.gd/hZmNOK

RT @gloomynews: 朝日◆日本人でない可能性の遺骨、比でも 国は指摘後8年放置asahi.com/articles/ASMCH… 「厚生労働省は15日、フィリピンで2010年6~7月に収容した戦没者遺骨2191人分のうち、10人分が日本人ではない可能性があると発表した。…

TwitterくあんだうんIC@dcount09

返信 リツイート 49分前

→ 平成23年に専門家から指摘を受けていたが、未公表だった。10検体以外の遺骨は現地で焼骨してから持ち帰ったため、日本人であるかどうかの判別はつかないという。 #フィリピン国内で収集された10人分の遺骨も日本人のものでない可能性が高い

国の戦没者遺骨収集事業をめぐる遺骨取り違え問題で、厚生労働省は15日、フィリピン国内で収集された遺骨10人分も、日本人のものでない可能性が高いことを明らかにした。→ sankei.com/politics/news/…

借金を返済するのと、兄弟の遺骨をお寺に預かってもらってるままなのでお墓を建ててあげたいんやァァァ #カイジプレゼント企画

Twitterだうぉんぬ氏✩.*˚@Minami10Seria

返信 リツイート 19:14

決して負けてはいけませんぞ、私の遺骨をたてにとって、村長とでもケイサツでも総理大臣とでも日本国中を相手にしてでもケンカをするつもりで葬式をして下さい」(磯部の獄中日記 八月十日より抜粋)

Twitter磯部浅一(非公式bot)@isobebot

返信 リツイート1 19:02