納骨堂とは何か

遺骨を安置する納骨堂とは

遺骨を安置する納骨堂とは

納骨堂とは遺骨を安置しておくことのできる施設のことで、もともとは火葬後に墓地に埋蔵するまでの一時的な期間、遺骨を預かってもらうと言った目的で利用されるものであったため納骨堂の多くは預かり期間と言うものが定められています。
この預かり期間は更新することが可能で、期間を延長して預けることができるところがほとんどです。
また近年では一時的な利用ではなく永大供養として利用したいと言う方も増えてきているため、永大供養墓を兼ね備えた施設と言うのも増えてきています。
また納骨堂の形態はコインロッカーのようになっているものも多く、そこに大切な人の遺骨を安置するのは抵抗があると言う方も多かったことから、仏壇の形をしているものやお墓などの形をしたものなどを屋内に設置するなどと言った形態をとる施設も増えてきています。
それによってお墓がないため遺骨を自宅で安置させていたと言う方や、お墓の準備ができていなかったためどうしてよいか悩んでいたと言った方などの利用も増えてきています。
一般お墓は公営や民営のものなどがありますが、納骨堂にもお墓のように公営のものや民営のものがあり形態や管理、利用条件、費用などその施設ごとに異なりますので利用の際はしっかりと確認することが大切です。

納骨堂でご供養するメリット

少子化や成人後に故郷を離れる方が増えるにつれて納骨堂の人気が高まっています。
運営は自治体、法人のほかに寺院が併設することもあります。
メリットは色々ありますが、まず費用が低く抑えられ、墓所や墓石を購入する場合のおよそ三分の一ほどで済みます。
屋内であるため草むしりなどの管理も必要なく、メンテナンス費用もかかりません。
アクセスの良い都市部にも数多くあり、公共交通機関を利用し、天候や季節を問わず気軽にお参りができます。
さらに、最近の納骨堂はバリアフリー設計となっていますので、車椅子をご利用の方も安心です。
寺院が運営する場合を除いて宗教や宗派を問わないことが多いのもメリットのひとつで、ご夫婦で信仰が異なっていても問題無くご供養することができます。
ロッカー式、棚式など骨壷の納め方は納骨堂によって様々で、目の前でお参りができる電動式もあります。
永代供養には永久に権利を持つ場合と、年数が限られる場合があります。
将来のことは誰にもわかりませんので、状況が変わり移転をする必要が生じることもあります。
そのような時に従来の墓所より簡単に引越しができるのも大きなメリットです。
納骨堂は世代を超えてご先祖様が眠る場所です。
費用と立地だけでなく細かな条件もよく検討し、メリットを最大限に生かして選びましょう。

納骨堂情報

駅近なのでお気軽に立ち寄ってお墓参りを行えます。

納骨堂

新着情報

◎2017/9/7

納骨堂とは。遺影や遺骨をおさめる。
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「遺骨」
に関連するツイート
Twitter

今年のプレゼントは、 仕返し会オープニングムービー ポラスキャおそろのピローミスト ヴィランズ飲むマニキュア 他人の不幸ははちみつ味 悪夢が始まる懐中時計 👓が葬い損じた👔の遺骨宝石イヤリング 宝石になったポライト でした。 興奮しすぎて記憶違いしてなければ。

Twitterあましき@ポラスキャ暴虐王@itojun_4d

返信 リツイート 20分前

返信先:@miosugita 遺骨収集が国策となることは当然です。 当然とすることから、国を守ることの大義が子孫に継承されるのだと思います。🤔 水脈さま、お仲間のご活躍に期待します。

Twitterゆでたておじん@Luckybinkawa

返信 リツイート 24分前

なんか縄文時代だか弥生時代だかに床ずれか何かで変形した遺骨が見つかっていて、当時弱者の面倒を見るというモラルが発達していた証拠だ、みたいな話があるけれど、考古学的証拠から出てくる当時の倫理の再現って、たとえばこんな感じなんだろうな。

Twitterたぬきのたろべえちゃん@trbchn

返信 リツイート 28分前

RT @genki_heiki: これは本当にどうでもいい話だけど、好きな男の葬式で好きな男の遺骨を食う男の概念が大好きだから何番煎じだと言われてもいつか描きたいですよね

返信先:@Pikaricawassyoi おはよう御座います! 多分やばいんでポピィの遺骨は拾ってくださーーい(死ぬ前提)

Twitterポピィ@TDOD復活上映参戦@baku_baku0902

返信 リツイート 38分前

中国の散骨方法 日本の様に粉(砕骨)を撒かない 生分解性容器(土やジャガイモ等)に納めて静かに海中に沈める 容器は数ヶ月以内に溶解をして、遺骨は海に還る 日本の様な海上を漂う散骨方法はアメリカや韓国の方法 ライシャワー元駐日大使の様なポリシーがあれば別だが、 散骨地点が海埋葬地ではない pic.twitter.com/eIbzg4TfN3

移動してきて居住する様になったと考えられている(遺骨などのDNA鑑定結果などから)との事で、これも条件を満たしていません。 なお、アイヌは縄文人の子孫と言うご指摘がありましたが、アイヌと大和民族との融和・同化の結果では無いでしょうか? また子孫と言う定義自体、先住民族では無いと

返信先:@JvvapJP他1人 遺骨収集の方法も含めて、 政府に一貫した信念のようなものがないのが残念、無念です。 広い海の下で沈没したのは戦艦だけでなく、民間人の乗った輸送船、徴用され軽微の武器しか取り付けていない小型船もあると思います。 ただただ、戦争が憎いし、 亡くなった方の無念が伝わってきます。

【涙そうそうの「ご遺骨整理・処分しませんか!」】 kakuyasuso.jp/nokotsu/  ◇埋蔵:お墓・樹木葬 ◇収蔵:納骨堂  ◇一時保管:手元供養・お寺一時保管 ◇永代供養(合祀墓・合同墓):2万円~  ◇散骨(森林葬・海洋葬):4万円~ メディア関係

今日は虎太郎の初七日に行ってきます🐱 こたちゃんの火葬の時に、こたちゃんの遺骨をペンダントにしてもらいました💎 11日からお出かけをする日はいつもこたちゃんと一緒です☺️💕 pic.twitter.com/9KeF8pf5NU