納骨堂とは何か

納骨堂とは。遺影や遺骨をおさめる。

納骨堂とは。遺影や遺骨をおさめる。

最近では、お墓の必要性を感じない若い世代の方々や、お墓の維持費が払えないといった方々が納骨堂を利用する傾向にあります。
納骨堂とは、室内に個人または家族でお骨をおさめることができるお墓です。
納骨堂によって形式は様々です。
一般的なのは、ロッカー形式のもの、納骨堂のなかに小さな墓石をおく、所謂室内墓所と呼ばれるもの、さらには、上段に仏壇を置き、そこに位牌や遺影を置き、下段には遺骨を置けるようにスペースが設けられている納骨壇などを設置しているところもあります。
それぞれ当然利用料が変わってくるので、利用者が自分に合った利用法を選ぶことができます。
最近では、自宅に仏壇や遺影を置かないご家庭も増えて来ましたが、こうした施設に納骨することで、遠方までのお墓参りに手間が省けること、墓地の清掃や手入れを定期的に行わなくてよいこと、近い場所なので、頻繁にお参りに行けることなど、メリットが注目され、人気を集めています。

遠方のお墓よりも納骨堂を選ぶ

少子化や核家族化に伴い、従来のお墓に対する考え方が近年、変わってきました。
先祖代々のお墓が遠方にある場合、または、子供がない、生涯独身を理由に、将来的にお墓を守っていくということが出来ない状況になる人が少なくなくなってきたからです。
誰しもいつかは人生を終えるわけで、自分が亡くなった後のことを考えるとやはりお墓は必要になってきます。
しかし、先祖代々の墓が遠方の場合、新たに墓を買うよりは納骨堂に収めて永代供養してもらいたいという人が増えてきています。
また、子供がない人や結婚を選択しない人は跡継ぎがなく、自分が亡くなった後、墓を守ってくれる人はいないことになります。
そういう人たちにも、お墓のかわりに納骨堂に遺骨を安置してもらうことを望まれようになってきました。
納骨堂の場合、遺骨が個別に安置されることが多く、ロッカー式、仏壇式など、納骨の仕方はさまざまです。
これらは生前に予約が出来ます。
維持費が掛かる場合もありますので、事前に問い合わせが必要です。

新着情報

◎2017/9/7

納骨堂とは。遺影や遺骨をおさめる。
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「遺影」
に関連するツイート
Twitter

職場では年度始に必ず顔写真を撮るので、きっと私の遺影はその写真だろうなと思って生きている。

若者が死んだら自撮りアプリで盛られた写真が遺影になる

Twitter愛浦外連 あいうらけれん@ai1000ura

返信 リツイート 59秒前

返信先:@run0xx 遺影はあれでいくのか……←

Twitterねこ科の野うさぎ@オフ会ありがと@feline_hare

返信 リツイート 1分前

祖父の写真あんまなくてピンボケ気味かつ喪服合成の遺影になっちゃったんだよな…私も遺影がない

普段全然写真撮らないコスプレイヤーが死んだら遺影がコスプレ写真になるのか……

Twitter愛浦外連 あいうらけれん@ai1000ura

返信 リツイート 1分前

でもこれ大事なことだと思う 年1回、遺影を撮る日を決めてればいいと思う。 以前の職場で、年1回、遺書を書いてるという先輩がいた。

Twitterちよ兵衛(実家で子猫が拾われたよ)@vtr250_chiyo

返信 リツイート 1分前

うちの親父の遺影は何年か前に友達と撮ったらしい写真を切り抜いてスーツ着せて作ったな

Twitterいっしょにおしごと がんばろうね@nonsense_929

返信 リツイート 1分前

遺影写真撮ろうかな、10年毎に撮りたいわ

うちの婆様じゃん 爺様の遺影ロクなモンなかったからって

TwitterMeer vs 計量社会科学@MeerIioka

返信 リツイート 2分前

遺影の撮影のツイート見て自分の使えそうなやつあるかなってみたらクソみてぇな写真しか無かった