納骨堂とは何か

個人や家族の納骨堂について

個人や家族の納骨堂について

納骨堂は土地や墓石を購入する必要がありませんので、費用が大きく抑えられる特徴があります。
しかし一人用のタイプから家族用のタイプ、など様々になっていますので納骨に必要な価格も幅が広くなっています。
一般的な相場は一人用タイプが約50万円と言われており、家族用になると約100万円が目安となっています。
特に家族用の納骨堂を希望する場合は、将来の家族構成をよく考えて選ぶ事が必要となります。
費用には永代使用料や永代管理料、永代使用料、開眼法要料、納骨費用、遺骨引き取り料などが含まれており、その他に約5000円から10000円の年間管理料が必要となります。
寺院によって遺骨の安置される永代使用料の期間が17回忌まで33回忌までと期間を定めているケースがあり、その後は他の遺骨と合祀という事になりますので注意が必要になります。
合祀を希望されない場合は、納得がいくお墓を選ぶ事が必要で、合祀をしない施設や寺院を探すことも大事です。

親戚がいなくても納骨堂に入れる

最近は社会環境の変化や少子高齢化の影響で、お墓を継承する人がいなくなったり、遠方に住んでいたりしてお墓を維持する事が出来なくなり、納骨堂に遺骨を納骨する人が増えています。
お墓は、管理する人が必要ですが、納骨堂なら子供や親戚がいなくても、お寺や管理団体が管理を行ってくれますから、草抜きやお墓の掃除などが必要ありませんし、たとえ子供や親戚がいても迷惑を掛けずに済みます。
また、供養も行ってくれますので、安心して任せる事が出来ます。
納骨堂は、屋内にあり冷暖房完備になっていますから、お墓参りの時も快適にお参りが出来ますし、天候に左右される事無くお墓参りが出来ますし、立地の良い場所にある場合が多いので、お墓参りに行く時に利便性が良いです。
費用の面でも、お墓を建てると高額な費用が掛かりますが、納骨堂の方が費用を安く抑える事が出来ますし、無宗派で入れる所が多いので、檀家になる必要がありません。
少子高齢化が進む現在これから、この納骨方法は増えてくるはずです。

新着情報

◎2017/9/7

納骨堂とは。遺影や遺骨をおさめる。
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「墓石」
に関連するツイート
Twitter

RT @yasemete: 1918年のフィンランド内戦で敗れた赤衛軍兵士の遺体を教会の墓地に移す計画が持ち上がっている。勝った白衛軍兵士の遺体は教会の墓地に埋葬されたが、赤衛軍兵には工業用地の一角にある共同の墓石があるのみ #フィンランド #フィンランド内戦 #マンネルヘイム

Twitter🇫🇮樹雷@京都🇯🇵@juraihelm

返信 リツイート 8分前

返信先:@Fuduki_Aoi それは先人たちの亡骸なはずなんだよなぁ⋯( ➖ω➖)ピラミッドだって巨大なお墓なんだよな、どこぞのライダーの宝具なんて墓石ですりつぶす攻撃だぞ?

Twitter兼志谷シタラ@ゆきめ⋈さん‎@jings_sinki

返信 リツイート 8分前

フランドール・スカーレットと掛けまして、死人が多い街と解く。その心は、はかいします(破壊します・墓石増す)。なづっちです! #東方謎問答

攻め墓石極まっちゃった人

世界で唯一攻め墓石が使える男それがおゆ

返信先:@o_emanon 墓石の前にワンカップ大関タワー作るわ

Twitterおうち@12/7はヤマグチにいるよ@tight_chubby50

返信 リツイート 21分前

お前の墓石に刻むバーベルくれてやる pic.twitter.com/ABKk4eEqE2

薬研に対して夢に近い感覚を抱いているとは思うんだけど夢女はおそらく墓石選んでほしいなんて言わねえんだよな………

来年は墓石ペンでえぬわん全面描くか

墓石選んでくれる本ないかな……(ないです)