納骨堂とは何か

納骨堂のお墓の相違点

納骨堂のお墓の相違点

日本では、埋葬について定めた法律があり、墓地以外の所に遺骨を埋めたりすると違法となります。
そのため、それぞれの家が墓地にお墓を建てて、子孫が受け継ぐというやり方が一般的でした。
しかし、最近は納骨堂を利用する人も増えてきました。
これは、遺骨の管理を引き受けてくれる施設で、寺院や霊園などが運営しています。
両者には、いくつかの相違点があります。
まず納骨堂では、遺骨を埋めたりしません。
個別のスペースが決まっており、そこに骨壺を預けるという形になります。
金額は、大半がお墓よりも安く済みます。
墓石代・土地代・工事費などがかからないからです。
次に、立地。
お墓は、たいてい郊外の広い土地に建てられますが、納骨堂はビルなどの屋内にあります。
冷暖房完備・バリアフリーなどの点を売りにしている所もあります。
メンテナンスについても、前者は除草や墓石をクリーニングしたりしなければならないのに対し、後者は運営側がすべて行ってくれます。

遺骨を納骨堂に移動させる時の注意点

お墓が遠く管理や後継者がいない人が増え、納骨堂へ遺骨の移動をする人が増えています。
遺骨を移動させる場合には、改葬という事になり、お墓のある場所の役所で改葬許可書を発行してもらう必要があります。
その改葬許可書を移動先に提出しなければいけません。
改葬教科書を発行してもらわず、遺骨を勝手に動かしてしまうと法律違反になってしまうのでその点は注意が必要です。
改葬を考える理由は、ひとそれぞれ違いますが、核家族化が進みお墓を維持するのが難しくなっているのが、一番の要因です。
納骨堂なら、管理が入らず残された子供に迷惑を掛ける事もありません。
また納骨堂は、交通の便の良い場所にあるので、お墓参りに行く際も利便性が良く、室内にあるので天候や季節に左右される事無くお墓参りが出来ます。
費用面でもお墓より、費用を安く抑える事が出来るので、残された家族の経済的な負担も軽減出来る事から納骨堂にする人が、増えているのです。

新着情報

◎2017/9/7

納骨堂とは。遺影や遺骨をおさめる。
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「埋葬」
に関連するツイート
Twitter

王の亡骸を戦衣でつつめ!この地に埋葬する!!

5時ですYou are 埋葬 葬 いつもすぐ葬場に ある ∧ ∧   (՞ةڼ◔)  _   / つ=O===|__)ミ∵   し―‐J  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l:;:::; Ⅰ ̄        | @__Netu_ │

……パパの埋葬を手伝ってくれて、ありがとうございました

埋葬か──いつか あの力の秘密、解き明かしてみたいな

できれば…その後…こいつらを全員埋葬してやりてぇ。ショーウインドーを墓標にしてやるんだ…動けるのはもう オレだけだからな…それまで…目をつぶっててもらうぜ…

RT @ozawa_jimusho: 真実を大地に埋葬しても、真実はやがて芽を吹き、あらゆるものを吹き飛ばすだろう。 エミール・ゾラ mainichi.jp/articles/20200…

Twitterリスの恩返し2407@ksgSGR_2407

返信 リツイート 43分前

透破抜きを使われると墓地にも送られず除外されてしまいます…… 異次元からの埋葬で馬頭鬼さん達と一緒に戻してくれると嬉しいです……

Twitterアンデット達に囲まれる浮幽さくらbot@Bot_Huyu_Sakura

返信 リツイート 44分前

RT @mo_pkmn: (微グロ死体注意) うっかりkテルグマちゃんに締められて手持ちのpk達に惜しまれながら埋葬されるも埋め方が下手っていう夢漫画… pic.twitter.com/qFOOE9desB

埋葬おわり

島には大きな十字架が立てられていて、数多くの人々が埋葬されている。もちろん埋葬場だけではなく、彼らが苦しみの中で暮らした建物もそのまま残されている。夫の祖母はアイルランド人だが一緒に渡って来た彼女の身内は疫病でその島で亡くなっている。